もっちもちの泡に♪クリーミューの泡立て方の5つのコツ!

もっちもちの泡に♪クリーミューの泡立て方の5つのコツ!

2016/08/15

もっちもちの泡に♪クリーミューの泡立て方の5つのコツ!

 

クリーミューはピュアなお肌が手に入ると話題の泥洗顔料です。
クリーミューの効果を高めるならもっちもちの泡を作ることがポイント♪

 

そこで今回は、クリーミューの泡立て方のポイント5つを紹介していきたいと思います!
しっかりと泡立ててクリーミュー本来の効果を期待していきましょう?

 

そもそもクリーミューはなんで泡立てて使うの?

そもそもクリーミューはなんで泡立てて使うの?

 

洗顔にあまりこだわっていない方は、洗顔料を手に取ってサッと泡立てただけで洗顔している方も多いかと思います。
しかし、洗顔料を使って洗顔するのであれば「しっかり泡立てること」こそが1番のポイントなんです。

 

泡立ててないと汚れを十分に吸着できない

クリーミューがしっかり泡立っていなければお肌の汚れを十分に吸着することができませんし、すすぎ不足の原因にもなってしまいます。
汚れを吸着できずにクリーミューがお肌に残ってしまっては肌トラブルの原因になりますし、そもそも洗顔をする意味がありません。

 

クリーミューの効果を引き出すためにもきちんと泡立てることが大切なんです♪

 

 

クリーミューの泡立て方5つのポイント

クリーミューの泡立て方5つのポイント

 

クリーミューでもっちもちの泡をつくるには5つのポイントがあります。
誰でも簡単にチャレンジできる方法なのでぜひ覚えておきましょう。

 

では、さっそくクリーミューの泡立て方について詳しく紹介していきたいと思います♪

 

@ 手をきれいに洗う

洗顔をするときは清潔にした状態で始めることが大切です。
クリーミューの泡立ちをよくするためにも手を洗ってから洗顔に取り掛かりましょう。

 

A クリーミューを手に取る

洗顔料が少ないと泡立ちが悪くなり、お肌に負担をかける原因になってしまいます。
1円玉くらいを目安にクリーミューを手のひらに出してみましょう♪
泡立ちが悪い場合はいつもより少し多めでもOK。

 

B 空気を含ませながら泡立てる

クリーミューを手に取ったら空気を含ませるように洗顔料を泡立てていきます。
クリーミューをのせた方の手を「く」の字にして両手で撫でていくと空気が入りやすく泡立ちも◎

 

C 水を含ませながら泡立てる

水を含んでいない洗顔料は泡立ちがとっても悪くなってしまいます。
水を含ませて泡立ってきたなと思ったら水を追加する。

 

これを4〜5回程度繰り返すともっちもちの泡を作ることができます♡

 

D 泡立てネットやスポンジを使う

クリーミューは6回継続定期コースで購入すると、特典として泡立てネットがプレゼントされます。
このような泡立てネットは100均やドラッグストアでも購入することができますし、手で泡立てるよりも簡単にもっちもちの泡を作りだすことができます。

 

ただし、泡立てネットは濡れたまま保管していると細菌が繁殖してお肌に悪影響を与えることになってしまいます。
泡立てネットを使う場合には保管方法に十分気を付けて使用してください♪

 

おわりに

洗顔料を泡立てるにはちょっとしたコツがとっても重要♪

 

クリーミューをもっちもちの泡に変身させてピュア肌美人を目指しましょう♡

 

 

 

今だけ680円でクリーミューが試せちゃう♡

creamieux(クリーミュー)クリーミューを購入できる公式通販

もっちもちの泡に♪クリーミューの泡立て方の5つのコツ!


価格 680円(税抜)
内容量と目安 90g / 1ヵ月分
編集部コメント バニラの香りで洗い上がりもしっとり♡

公式SHOPをみる♡


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


もっちもちの泡に♪クリーミューの泡立て方の5つのコツ!の先頭へ戻る